映画 アシコタウンあしかが 『灰とダイヤモンド<デジタルリマスター版> 』 前売券 ユナイテッド・シネマ

ユナイテッド・シネマ アシコタウンあしかが

HOME > アシコタウンあしかが > 公開予定作品 > 灰とダイヤモンド<デジタルリマスター版>

作品情報

2018/09/28(金)〜2018/10/11(木)2週間限定上映≪「午前十時の映画祭9」≫
灰とダイヤモンド<デジタルリマスター版>

灰とダイヤモンド<デジタルリマスター版>

監督:
アンジェイ・ワイダ
主演:
ズビグニエフ・チブルスキー/エヴァ・クジジェフスカ/バクラフ・ザストルジンスキー/アダム・パヴリコフスキー

公式サイト

(c)KADR Film Studio

灰とダイヤモンド<デジタルリマスター版>

<「午前十時の映画祭9」>
【鑑賞料金】大人・シニア¥1,100/大学生・高校生・中学生・小学生・幼児¥500/障がい者¥1,000

※特別興行のため、サービスデー・割引券を含む一切の割引料金の適用はございません。
また、会員無料鑑賞・招待券・当社発行の特別鑑賞券などもご利用いただけませんのであらかじめご了承ください。


わが国でも翻訳されたJ・アンジェイェフスキが著した同名小説の映画化。『世代』(54)、『地下水道』(56)に続くA・ワイダ監督の「抵抗3部作」最終章。ドイツ降伏直後のポーランドで、反ソビエトとして抵抗運動を続ける青年が時代の波に翻弄される悲劇を描く。主演のZ・チブルスキーは“ポーランドのジェームズ・ディーン”と謳われた。

ドイツが降伏した1945年5月8日のポーランド地方都市。対独レジスタンス運動に参加し、後に反ソビエト派のテロリストとして活動しているマチェク(ズビグニエフ・チブルスキー)とアンジェイ(アダム・パヴリコフスキー)は、ソビエトから帰国した共産党地区委員長シュツーカ暗殺の命を受け、車を待伏せして銃撃した。ホテルでの戦勝祝賀会を訪れた2人のテロリストは、そこで殺したはずのシュツーカを目撃、銃撃が人違いだったことを知る―。