平塚 映画 OSC湘南シティ 『裸の島 』 前売券 ユナイテッド・シネマ

シネプレックス平塚

HOME > 平塚 > 公開予定作品 > 裸の島

作品情報

2018/11/23(金・祝)〜2018/12/06(木)2週間限定上映≪「午前十時の映画祭9」≫
裸の島

裸の島

監督:
新藤兼人
主演:
乙羽信子/殿山泰司/田中伸二/堀本正紀

公式サイト

(c)近代映画協会

裸の島

<「午前十時の映画祭9」>
【鑑賞料金】大人・シニア¥1,100※12月1日(金)のみ¥1,000/大学生・高校生・中学生・小学生・幼児¥500/障がい者¥1,000

※特別興行のため、サービスデー・割引券を含む一切の割引料金の適用はございません。
また、会員無料鑑賞・招待券・当社発行の特別鑑賞券などもご利用いただけませんのであらかじめご了承ください。


低予算で実験的な作品にもかかわらず、モスクワ映画祭グランプリ受賞の他、世界各国で絶賛された新藤兼人監督の代表作。瀬戸内海に浮かぶ小さな島に四人の一家が暮らしていた。島には水がなく、畑を耕すためには毎日船で別の島へ水を汲みに行かねばならなかった―。広島県三原市の佐木島(さぎしま)とその沖の宿禰島(すくねじま)で撮影された。

瀬戸内海に浮かぶ周囲約500メートルの小島。電気・ガス・水道が通じていないこの島に、中年の夫婦(乙羽信子、殿山泰司)が二人の子供と住んでいた。平地がほとんどない島の急斜面に春は麦を、夏はさつま芋を植えて暮らす自給自足の生活。だが、島には水がないため、遠くの隣島まで小舟を漕ぎ、そこで汲んだ水を持ち帰り、天秤棒を担いで畑まで運び上げるのだ。夫婦の毎日の仕事の大半は、この水を運ぶ作業に費やされていた。そんなある日―。