UNITED CINEMASCINEPLEX

『ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜』ポスター

『ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜』au×UNITED CINEMAS CINEPLEX auスマートパス会員限定全国一斉試写会

『ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜』場面写真

auスマートパス会員限定!!抽選で総計2,500組5,000名様を『ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜』全国一斉試写会にご招待!!

応募期間:2017年1月13日(金)AM10:00〜2月20日(月)AM9:59まで/応募条件:auスマートパス会員の方

auスマートパス会員の方はこちらのQRコードからアクセス

auスマートパスとは?

「ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜」2017年03月18日(土)公開

2020年、東京オリンピックを3日後に控えた夏の日。私の家族に、事件が起きた。

すべてを知るために、私は眠る。
岡山県倉敷市で父親と二人暮らしをしている森川ココネ。何の取り得も無い平凡な女子高生の彼女がたったひとつ得意なこと、それは「昼寝」。そんな彼女は最近、不思議なことに同じ夢ばかり見るようになる。進路のこと、友達のこと、家族のこと・・・考えなければいけないことがたくさんある彼女は寝てばかりもいられない。無口で無愛想なココネの父親は、そんな彼女の様子を知ってか知らずか、自動車の改造にばかり明け暮れている。2020年、東京オリンピックの3日前。突然父親が警察に逮捕され東京に連行された。ココネは次々と浮かび上がる謎を解決しようと、幼馴じみの大学生モリオを連れて東京に向かう決意をする。その途上、彼女はいつも自分が見ている 夢にこそ、事態を解決する鍵があることに気づく。唯一のたったひとつの得意技である「昼寝」を武器に、ココネは夢とリアルをまたいだ不思議な旅に出る。それは彼女にとって思いがけず、“知らないワタシ”を見つける旅でもあった。 
神山健治監督が贈る、“ワタシ”と“夢”の物語。
『東のエデン』『精霊の守り人』『攻殻機動隊S.A.C.』など、重厚な世界設定を構築し人間ドラマを描いてきた神山健治監督。彼が最新作のテーマに選んだのは、「夢」だ。人はどうして夢を見るのだろうか。自分では気づかない無意識のストレスや心の渇き。心の中に足りなくなっている何かをサプリメントのように補ってくれるのが、夢の役割なのかもしれない。そんな夢の不思議から発想された、神山健治監督初の劇場オリジナルアニメーション。少し先の未来を舞台に、夢と現実がスリリングにクロスするロードムービーが誕生した。

公式サイトはこちら