札幌 映画 サッポロファクトリー1条館 『ボリショイ・バレエ in シネマ Season 2017–2018『ロミオとジュリエット / ROMEO AND JULIET』 』 前売券 ユナイテッド・シネマ

ユナイテッド・シネマ札幌

HOME > 札幌 > 公開予定作品 > ボリショイ・バレエ in シネマ Season 2017–2018『ロミオとジュリエット / ROMEO AND JULIET』

作品情報

2018/02/28(水)
ボリショイ・バレエ in シネマ Season 2017–2018『ロミオとジュリエット / ROMEO AND JULIET』

ボリショイ・バレエ in シネマ Season 2017–2018『ロミオとジュリエット / ROMEO AND JULIET』

公式サイト

(c)Pathe Live Japan agent dbi,Inc.

ボリショイ・バレエ in シネマ Season 2017–2018『ロミオとジュリエット / ROMEO AND JULIET』

【鑑賞料金】大人3,600円(税込)、学生2,500円(税込)
※学生は小〜大学(専門学校含む)
※学生の方は、劇場にて学生証のご提示をいただく場合がございます。


※レイトショー、映画サービスデー、レディースデー、ファーストショー等のサービス料金は適用外です。
※ユナイテッド・シネマグループクラブスパイス、キッズクラブによる割引は適用外です。
※ユナイテッド・シネマグループクラブスパイス、キッズクラブによる無料鑑賞サービスは適用外です。
※ユナイテッド・シネマグループクラブスパイス、キッズクラブによるポイント加算はございません。
※ユナイテッド・シネマグループクラブスパイス「2ポイント交換1000円鑑賞」「更新特典1000円クーポン」サービスは適用外です。
※各種割引券、クーポンはご利用いただけません。
※夫婦50割引、高校生応援割引、高校生友情プライスは適用外です。
※招待券は、特別興行のためご利用いただけません。
※ユナイテッド・シネマグループ発行の特別鑑賞券は、特別興行のためご利用いただけません。


今シーズンは現在最も評価が高いコレオグラファーと世界最高峰のダンサーたちにより再演される最高の古典作品を映画館へお届けいたします。現代バレエ界をリードするアレクセイ・ラトマンスキーが手がけるヒストリカル・バレエ3作品、「海賊」「ロミオとジュリエット」「パリの炎」が遂に大スクリーンに登場!加えて、ジョン・ノイマイヤーの「椿姫」、ジャン・クリストフ=マイヨーの胸躍らせる「じゃじゃ馬ならし」とともに、時代を超越した古典バレエの人気3作品「ジゼル」「くるみ割り人形」「コッペリア」も上映。
スヴェトラーナ・ザハーロワやセルゲイ・ポルーニンをはじめとする、世界的人気バレエダンサーが出演し、多くの古典作品に独自のきめ細かい歴史的再構築を施すことで知られるラトマンスキーの演出で贈る作品の数々。
モスクワのボリショイ劇場で鑑賞しているような臨場感溢れた舞台、そしてバックステージ独占映像と幕間のインタビューは、日本ではなかなか視聴できない貴重な体験です。ボリショイが世界最高峰のバレエ団の一つであることをあらためてご確認いただけることでしょう。
今年も1回限りの限定上映で大スクリーンでお楽しみいただけます。是非、お見逃しなきよう、全国の映画館にお越しください。


■ロミオとジュリエット / ROMEO AND JULIET
中世のヴェローナ。名家モンタギュー家の子息ロミオとキャピュレット家の愛娘ジュリエットは激しい恋に落ちるが憎み合い反目しあう両家の争いに巻き込まれ、二人は悲劇的な結末を迎える。
ボリショイバレエの前芸術監督アレクセイ・ラトマンスキーは人々から愛され続けてきたシェイクスピアの古典「ロミオとジュリエット」の演劇性に強く啓発され今回あらたに改訂版をボリショイで初演。ラトマンスキーはプロコフィエフのロマンティックで映像的な音楽に対峙しながら素晴らしく綿密な翻案で文学史上最も有名な不運な恋人たちのストーリーに再び火をつけた。
2018年1月収録予定 ※新作

◆ボリショイ・バレエ団◆
18世紀後期にモスクワで創立されたロシアで最も歴史が古く伝統を誇る名門バレエ団。ボリショイとはロシア語で「大きい」という意味、その名の通り劇場、バレエ団もスケールが大きい。ボリショイは創立当初は演劇的バレエを重視する「モスクワ・スタイル」「モスクワ・バレエ」と表現されていたが、20世紀初頭にアレクサンドル・ゴルスキーが当時の時代精神を反映させるべく「プティパ」作品の振付・改訂に取り組み今日のボリショイの基盤作りに貢献した。ボリショイ・スタイルを飛躍させ、更に大きく興隆させたのは1964年キーロフ・バレエ団(現在のマリインスキー)から移籍、1988年芸術監督に就任したユーリー・グリゴローヴィチの尽力による。すべて踊りで表現しようとした彼は『スパルタクス』などで男性ダンサーのダイナミックな技巧、勇壮な男性群舞、また迫力あるコール・ド・バレエで構成されるグランド・バレエを「ボリショイ」の象徴として確立。芸術的、技術的レベルやダンサーの層の厚さでは他のバレエ団の追随を許さないことは勿論、グリゴローヴィチの絶頂期にはプリセツカヤや、マクシーモワ&ワシーリエフ、べスメルトノワ&ラヴロフスキーなどバレエ史上に残るスーパースター、有名なデュエットを輩出した。ボリショイは、それ以降もアナニアシヴィリ、ザハーロワなど世界的ダンサーを生み出し、多彩なレパートリーで世界からの注目を集め続けている。

詳しくは、当ホームページの【劇場からのお知らせ】をご覧ください。