UNITED CINEMASCINEPLEX

HOME > 上映中/公開予定作品 > 第16作 男はつらいよ 葛飾立志篇

上映中/公開予定作品

第16作 男はつらいよ 葛飾立志篇

第16作 男はつらいよ 葛飾立志篇

監督:
山田洋次
出演:
渥美清/倍賞千恵子/樫山文枝/下條正巳/三崎千恵子/太宰久雄/佐藤蛾次郎/前田吟/桜田淳子/笠智衆/米倉斉加年/大滝秀治/小林桂樹

公式サイト

第16作 男はつらいよ 葛飾立志篇

《50周年記念 4Kデジタル修復版上映!》
【鑑賞料金】特別料金:大人・大学生・シニア 1,100円/高校生以下・障がい者 通常料金

※特別興行のため、サービスデー・会員割引、一部割引券の適用はございません。また、当社発行の特別鑑賞券などもご利用いただけませんのであらかじめご了承ください。
---------------------------------------------------------------------------------------------------

第16作 (昭和50年12月 公開)

寅さんを訪ねた女学生・最上順子(桜田淳子)は、もしや寅さんが実父ではないかと、さくらたちを困惑させる。ひと騒動あって、寅さんはまたもや旅の人。その間に、御前様の親戚の大学助手の筧礼子(樫山文枝)がとらやに下宿することになる。柴又に戻ってきた寅さんは、俄然向学心に燃え、礼子が家庭教師となる。伊達眼鏡をかけて猛勉強する寅さんは、やがて礼子の恩師・田所教授(小林桂樹)と意気投合する。その田所は礼子に思慕を寄せていた…
 寅さんが決然と「己を知るために」学問を志す。その動機はなんと、美しきマドンナという不謹慎さ。喫茶店で寅さんが初対面の礼子に「何のために学問をするのか?」と質問をするが、それは旅先で出会った僧侶(大滝秀治)の言葉を鵜呑みにしたもの。マドンナに樫山文枝を迎え、映画やテレビの『日本沈没』で地震学者を演じていた小林桂樹が、役名も同じ田所先生として登場! 巻頭で寅さんを「瞼の父かも?」と、訪ねてくるのは、人気アイドルだった桜田淳子。




「第16作 男はつらいよ 葛飾立志篇 」 上映劇場一覧

劇場により公開日が異なる場合がございます。必ずご来館前にご利用劇場の情報をご確認ください。



東海・中部地区

九州地区