UNITED CINEMASCINEPLEX

HOME > 上映中/公開予定作品 > 第18作 男はつらいよ 寅次郎純情詩集

上映中/公開予定作品

第18作 男はつらいよ 寅次郎純情詩集

第18作 男はつらいよ 寅次郎純情詩集

監督:
山田洋次
出演:
渥美清/倍賞千恵子/京マチ子/檀ふみ/下條正巳/三崎千恵子/太宰久雄/佐藤蛾次郎/前田吟/笠智衆/谷村昌彦/梅津栄/浦辺粂子/赤塚真人/吉田義夫

公式サイト

第18作 男はつらいよ 寅次郎純情詩集

《50周年記念 4Kデジタル修復版上映!》
【鑑賞料金】特別料金:大人・大学生・シニア 1,100円/高校生以下・障がい者 通常料金

※特別興行のため、サービスデー・会員割引、一部割引券の適用はございません。また、当社発行の特別鑑賞券などもご利用いただけませんのであらかじめご了承ください。
---------------------------------------------------------------------------------------------------

第18作 (昭和51年12月 公開)

長野県上田市の別所温泉で、馴染みの坂東鶴八郎一座に大盤振る舞いをして、警察ホテルのご厄介となった寅さん。あきれ顔のさくらの迎えに、猛反省をしてまともな人間になろうと決意したのも束の間、帰宅してすぐに、美しい柳生綾(京マチ子)に逢ってからは、おなじみのパターンとなる。不幸な半生を送って来た綾は、不治の病で余命幾ばくもない。そんな綾を寅さんは懸命に励ます。周囲の心配をよそに、さくらだけは寅さんの味方をするが・・・
 旅芝居「不如帰」の名台詞「人間は何故死ぬのでしょう?」に感じ入り、パトロンを気取る寅さんの前半の描写。満男の産休教師・柳生雅子(檀ふみ)の母・綾と寅さんが心を通わす日々の美しさ。人間にとって、生る希望とは何か? 寅さんとさくらの兄妹愛が、ヒロインのはかない人生に明るい灯をともす。日本映画を代表する名女優・京マチ子が、薄幸のマドンナ綾を好演。ラスト、柴又駅でのさくらと寅さんの会話が深い印象を残す。




「第18作 男はつらいよ 寅次郎純情詩集」 上映劇場一覧

劇場により公開日が異なる場合がございます。必ずご来館前にご利用劇場の情報をご確認ください。



九州地区