UNITED CINEMASCINEPLEX

HOME > 上映中/公開予定作品 > 第37作 男はつらいよ 幸福の青い鳥

上映中/公開予定作品

第37作 男はつらいよ 幸福の青い鳥

第37作 男はつらいよ 幸福の青い鳥

監督:
山田洋次
出演:
渥美清/倍賞千恵子/志穂美悦子/下條正巳/三崎千恵子/太宰久雄/佐藤蛾次郎/吉岡秀隆/前田吟/笠智衆/有森也実/美保純/桜井センリ/イッセー尾形/笹野高史/関敬六/長渕剛

公式サイト

第37作 男はつらいよ 幸福の青い鳥

《50周年記念 4Kデジタル修復版上映!》
【鑑賞料金】特別料金:大人・大学生・シニア 1,100円/高校生以下・障がい者 通常料金

※特別興行のため、サービスデー・会員割引、一部割引券の適用はございません。また、当社発行の特別鑑賞券などもご利用いただけませんのであらかじめご了承ください。
---------------------------------------------------------------------------------------------------

第37作 (昭和61年12月 公開)

福岡県飯塚、かつて炭坑で賑わった町も閑散とし、寅さんが贔屓にしていた旅役者の一座が活躍していた劇場も廃れてしまっていた。今は亡き座長に線香をあげるために、一座の花形だった大空小百合こと美保(志穂美悦子)を訪ねる。やがて美保は寅さんを訪ねて上京するが、寅さんが不在で、ひょんなことから看板職人の健吾(長渕剛)と知り合う。その後無事、寅さんと再会した美保は、柴又のラーメン屋“上海軒”で働くようになり、健吾との交際も続けるが…
“幸福の青い鳥”を探して、青春をさまよう登場人物たちを寅さんは善導できるのか? 志穂美悦子が演じる美保は、第8作『寅次郎恋歌』以来、幾度となくエピソードを紡いできた、坂東鶴八郎一座の花形・大空小百合という設定。美保が東京で知り合うジンマこと健吾は、同郷の九州出身で、かつて“天才”と呼ばれていた芸術家志望の青年。芸大受験を挫折し、コンプレックスの塊のようなキャラクターは、長渕剛の個性とあいまって、シリーズのなかでも異色の存在。




「第37作 男はつらいよ 幸福の青い鳥 」 上映劇場一覧

劇場により公開日が異なる場合がございます。必ずご来館前にご利用劇場の情報をご確認ください。