UNITED CINEMASCINEPLEX

HOME > 上映中/公開予定作品 > 猿楽町で会いましょう

上映中/公開予定作品

猿楽町で会いましょう

猿楽町で会いましょう

監督:
児山隆
出演:
金子大地/石川瑠華/ノ俊太郎/小西桜子/長友郁真/大窪人衛/呉城久美/岩瀬亮/前野健太

公式サイト

小山田修司(金子大地)は、駆け出しのカメラマン。売り込みに行った雑誌編集者の嵩村秋彦(前野健太)には、「作品にパッションを感じない。ちゃんと人を好きになったことがある?」と厳しく意見される。仕事の代わりに嵩村に紹介されたのは、インスタグラム用の写真を撮影してくれるカメラマンを探していた、読者モデルの田中ユカ(石川瑠華)だった。
 渋谷でユカと待ち合わせた小山田は、作り笑顔のユカを何気ない会話でリラックスさせながら撮影してゆく。写真チェックを口実に彼女を猿楽町のアパートに誘い、なにもしない約束でユカを泊めるが、強引に迫って彼女に泣かれてしまった。目を覚ました時にはユカの姿はなく、小山田の撮った写真だけはしっかりとユカのインスタグラムにアップされていた。
 しかし、小山田が撮影したユカの写真は評判が高く、彼女の存在は小山田にとってかけがけのないものになっていた。猿楽橋でユカへの好意を正直に告げる小山田に、ユカはこう口にする。「好きだったこととか、会いたかったこととか、人って忘れちゃうじゃん」。どこか哀しげなユカの言葉に、小山田はもっとユカを撮りたい、自分なら本当のユカを撮れるのではないかと思いを伝える。小山田の言葉に笑顔を見せたユカは、彼の告白を受け入れて「よろしくお願いします」と答えた。その日から、ユカは小山田にとって最愛の被写体となった。会うごとに彼女のさまざまな表情に魅了されながら、街中でシャッターを切り続けた。しかし、ユカは決して小山田を自分の部屋には入れようとしない。小山田は、ユカとの間にまだ見えない壁がある気がしていた。
 数日後、小山田は意を決してユカの住むマンションの部屋を訪ねる。ところが、目の前でユカの部屋に入って行く男(ノ俊太郎)の姿を目撃してしまう。部屋のなかに聞き耳を立てると、楽しげに笑う男女の声が喘ぎ声にも聞こえてきた。ユカのマンションの前で夜を明かした小山田は、男が部屋を去ったのを見届けると、ユカを訪ねて男のことを問い質した。小山田の怒りに驚きながらも、ユカは男のことを別れた同棲相手で新しい部屋が見つかるまで一緒に暮らしている同居人に過ぎないと説明した。いまは小山田のことが好きだというユカに、小山田は自分の見ている前でこの部屋を出ない限り、信用出来ないと荷造りをさせた。
 しかし、ユカの言葉には、小山田の知らない数々の嘘が隠されていた──。




「猿楽町で会いましょう」 上映劇場一覧

劇場により公開日が異なる場合がございます。必ずご来館前にご利用劇場の情報をご確認ください。



東海・中部地区