南古谷 映画 ウニクス南古谷 『日本のいちばん長い日 4Kデジタルリマスター版』 前売券 ユナイテッド・シネマ

ユナイテッド・シネマウニクス南古谷

HOME > ウニクス南古谷 > 公開予定作品 > 日本のいちばん長い日 4Kデジタルリマスター版

作品情報

2019/06/28(金)〜2019/07/11(木)2週間限定上映≪「午前十時の映画祭10-FINAL」≫
日本のいちばん長い日 4Kデジタルリマスター版

日本のいちばん長い日 4Kデジタルリマスター版

監督:
岡本 喜八
出演:
三船敏郎/笠智衆/山村聡/黒沢年男/佐藤充/中丸忠雄/加東大介/小林桂樹

公式サイト

(c)1967 東宝

日本のいちばん長い日 4Kデジタルリマスター版

<「午前十時の映画祭10-FINAL」>
【鑑賞料金】大人・シニア¥1,100/大学生・高校生・中学生・小学生・幼児¥500/障がい者¥1,000

※特別興行のため、サービスデー・割引券を含む一切の割引料金の適用はございません。
また、会員無料鑑賞・招待券・当社発行の特別鑑賞券などもご利用いただけませんのであらかじめご了承ください。


広島と長崎への原爆投下、ソ連参戦など、日本の敗戦が決定的となった昭和20年8月、御前会議でポツダム宣言受諾が正式決定された。終戦処理を進める政府に対し、敗戦を認められない陸軍将校たちはクーデターを計画するが―。内閣、官邸、宮内省、陸軍、海軍、日本放送協会など、各関係者の動きがパノラミックに描かれる。

8月14日の御前会議で天皇陛下は終戦を決意され、正式にポツダム宣言受諾が決まった。この間、終戦反対派の陸軍青年将校たちは秘かにクーデターを計画していたが、阿南陸軍大臣(三船敏郎)は御聖断が下った以上、それに従うべきと諭した。14日の午後1時には閣議が開かれ、陛下の終戦詔書を宮内省で録音し、翌8月15日の正午、全国にラジオ放送することが決定。14日の晩午後11時50分、陛下の録音は宮内省2階の御政務室で行われたが―。