恵比寿 映画 恵比寿ガーデンプレイス 『メモリーズ・オブ・サマー』 前売券 ユナイテッド・シネマ

YEBISU GARDEN CINEMA with UNITED CINEMAS

HOME > YEBISU GARDEN CINEMA > 公開予定作品 > メモリーズ・オブ・サマー

作品情報

2019/06/01(土)公開
メモリーズ・オブ・サマー PG12

メモリーズ・オブ・サマー

監督:
アダム・グジンスキ
出演:
マックス・ヤスチシェンプスキ/ウルシュラ・グラボフスカ/ロベルト・ヴィェンツキェヴィチ

公式サイト

(c) 2016 Opus Film, Telewizja Polska S.A., Instytucja Filmowa SILESIA FILM, EC1 Łódź -Miasto Kultury w Łodzi

1970年代末のある夏、ポーランドの小さな町で12 歳のピョトレックは新学期までの休みを母ヴィシアと過ごしている。父は外国へ出稼ぎ中。母と大の仲良しのピョトレックは、 母とふたりきりの時間を存分に楽しんでいた。だがやがて母はピョトレックを家に残し毎晩出かけるようになり、ふたりの間に不穏な空気が漂い始める。一方ピョトレックは、都会からやってきた少女マイカに好意を抱くが、彼女は町の不良青年に夢中になる。それぞれの関係に失望しながらも、自分ではどうすることもできないピョトレック。そんな中、大好きな父が帰ってくるのだったが……。母と子を結びつける特別な絆とその崩壊を軸に、初めての恋や友情、性を取り巻く感情に戸惑う思春期の痛々しさを切実に映し出してゆく。

パヴェウ・パヴリコフスキ(『イーダ』『COLD WAR あの歌、2 つの心』)、アグニェシュカ・スモチンスカ(『ゆれる人魚』)など、次々に実力派監督を生み出す近年のポーランド映画界において、また新たな才能として登場したアダム・グジンスキ監督。本作はグジンスキ監督自身の体験をもとにした物語で、子どもと大人の狭間で揺れる12 歳の少年の目を通して、忘れられないひと夏の記憶が繊細に綴られてゆく。

ページ先頭へ

YEBISU GARDEN PLACE