平塚 映画 OSC湘南シティ 『座頭市物語 (4Kデジタル修復版)』 前売券 ユナイテッド・シネマ

シネプレックス平塚

HOME > 平塚 > 公開予定作品 > 座頭市物語 (4Kデジタル修復版)

作品情報

2021/08/20(金)〜2021/09/02(木)2週間限定上映≪「午前十時の映画祭11」≫
座頭市物語 (4Kデジタル修復版) PG12

座頭市物語 (4Kデジタル修復版)

監督:
三隅研次
出演:
勝新太郎/天知茂/万里昌代/島田竜三

公式サイト

©KADOKAWA1962

《「午前十時の映画祭11」》
【鑑賞料金】大人 1,500円/大学生・高校生・中学生・小学生・幼児・障がい者 1,000円/シニア 1,200円
※ユナイテッド・シネマ アシコタウンあしかが・ウニクス南古谷のみ、幼児 900円、シニア 1,100円です。
※特別興行のため、サービスデー・割引券を含む一切の割引料金の適用はございません。
また、会員無料鑑賞・招待券・当社発行の特別鑑賞券などもご利用いただけませんのであらかじめご了承ください。


---------------------------------------------------------------------------------------------------

初公開から59年をへて4K修復版を初上映。持ち前の反骨精神と豪快さ、ユーモアで人気を博した昭和の大スター、勝新太郎主演の時代劇シリーズ第1弾。人生の裏街道を歩き続ける盲目の渡世人が、弱きを助け、強きを挫いていく物語は、60年代から70年代にかけ一世を風靡し、映画は全26本、TVシリーズは全100本作られた。


その腕を見込まれ、座頭市(勝新太郎)は、下総は飯岡の助五郎一家に草鞋を脱いだ。近くの溜池に鮒釣りに出かけた市は、そこで平手造酒(天知茂)という浪人に出会う。平手は助五郎と敵対する笹川の緊蔵一家の食客だった。盲目にもかかわらず、微かな呼吸の乱れから自身の労咳の病を市に言い当てられ、平手は驚く。互いの剣の腕に興味を抱きつつ、二人の間には静かな友情が芽生えるが、しかしその先には宿命の対決が待っていた―。

(本国公開年:1962年)